有機生活楽習宿

15,000坪の無農薬リンゴ園にある有機生活庵「あいむほーむ」が提供する体験プログラム

DSC02358この有機生活楽習宿は、1日およそ5時間の労働をしていただき、3食と宿泊を提供するエクスチェンジ・プログラム(参加費無料)です。今まで、WWOOF(ウーフ)として、募集していたものを、より内容を明確にし、興味がある方を 絞り込めるようにしました。有機生活については、このサイト全体を参考にしていただいて、もし、これらのことに興味があると思われた方は、ぜひここで、体験し学んでみてください。ワーホリとしてのこれからの滞在にも役立ちますが、人生の中で、これから考えていかなければならないことに、大きな影響があると思います。

 

IMG_8711 P1030824 DSC03248

宿泊は、上の写真のコテージです。参加者全員で、生活し、毎朝、宿泊場所の掃除もきちんとしていただきます。朝7時頃起床し、掃除を済ませ、8時から朝食。その後、午前中3時間、午後2時間程度の野外作業があります。時期や状況に応じて、作業内容は変わります。通常は、期間は1週間、7泊です。仕事が終わった後は、基本的に自由時間ですが、外出などはできません。私たちの書庫から興味のある本を読んでいただいたり、私たちといろいろ話し合ったり、また、料理に興味がある方なら、料理を手伝いながら学んでいただくこともできます。書庫には、有機生活の医食住に役立つ、さまざまなテーマの本があります。

有機生活庵「あいむほーむ」は、有機生活を提唱しています。ここで、エクスチェンジをしながら、私たちと過ごす間に、私たちが体験したこと、学んだこと、友人たちから得たもの、ニュージーランドで暮らしてきて思うこと・感じること、などいろいろなことを話し合うようにしています。テーマとしては、「食と健康」「スピリチュアリティ」「農的暮らし・パーマカルチャーの意義」「自給自足」「世界の構図」「経済・お金とは?」「代替医療」「英語と国際人」「コミュニケーション」「ライフスタイル」「コミュニティ」「環境問題、社会問題」など、広い範囲でいろいろありますが、有機生活庵「あいむほーむ」の特色である、「健康食と料理」や「農的暮らし・自給自足」などは、実際にここで見て触れて体感していただくことも可能です。全ては、参加するみなさんの好奇心次第なのです。

朝食、昼食は、参加者だけでしていただくこともあるし、私たちが一緒にすることもありますが、夕食は、基本的に私たちと参加者のみなさんと一緒にし、いろいろな話をしながらの団欒になります。私たちからの話だけでなく、参加者一人一人からの、いろいろな話題に触れるのも、私たちの楽しみです。一緒になる参加者の、それぞれのキャラクターもまた、体験の大きな要素になります。みんな、いろいろな生い立ちや経験があり、それらを語り合うことで得られるものも、それぞれの人生に大いに役立つのではないでしょうか。

応募にあたっての留意事項
1.喫煙は禁止です。アルコール類の持ち込みはできません。
2.こちらから提供する食べ物、飲み物以外の飲食は、基本的にできません。
3.洗濯機の使用は、無料で、滞在中に一度だけできます。
4.Wifiは、無料で使用可能です。
5.食事制限のある方は参加できません。
6.男女を問わず、同室での共同生活ですので、お互いに気持ちよく生活してください。
7.宿泊場所の清掃は、毎朝みんなで一緒にしていただきます。
8.節水・節電などは、心掛けるようにしてください。
9.あくまでも、ホストを含めた共同生活であることを心得てください。
10.1日5時間の野外労働ができる、体力が必要で、そういう仕事が苦でない方を望みます。

右のバナー「有機生活楽習宿 感想・推薦文」から、参加者の方のコメントをご覧いただけます。

PAGE TOP