THE 茶色

出しを採った後の昆布にちりめんじゃこと山椒の実を佃煮に。青との炊いたんは京都の夏の味。炒め煮した後は、削り節をたっぷり入れて、みりんが切れていたので、オイスターソースをちょこっと。同じお鍋で、きくらげを佃煮にしてすりごまをたっぷり。同じく細切りにしたきくらげは、醤油とゴマ油と混ぜるだけ。これは、きゅうりと合わせて酢の物にも。がしがし、茶色は夏のご飯にぴったりとしっくりとくる。私はこれらとどぼ漬け(糠漬け)があれば暑い夏も乗り切れる。

関連記事

  1. 昭和からの遺言
  2. 花粉賞
  3. 食の崩壊
  4. 愛は素粒子
  5. ナッツとのおつきあい
  6. 全て逆
  7. コミュニケーションのこと
  8. wwooferごはん
PAGE TOP