有機生活とは
DSC02074

 

なぜ、世の中がおかしくなってきたのか
私たちが子供の頃、昭和30年代と比べると、日本もずいぶん変わってきました。病気は数も種類も急激に増え続けています。生まれてくる多くの子供に、何らかの健康障害が見られるようになってきています。いじめや不登校も一向に減りません。不気味な犯罪、貧困、自殺も増える一方です。フクシマの事故は、日本という国の滅亡の第1歩になる危険を抱えています。第3次世界戦争の危機もかなり大きくなってきました。これらの全てにまたがる大きな原因があるようです。

詳しくは、有機生活楽習宿で、みなさんとゆっくりディスカッションしたいと思いますが、一言でいうと、物質欲や我欲といった人間のエゴが、私たちの幸せよりも、経済発展や富の奪い合いを生んでいることが、大きな原因です。食の問題も健康の問題も犯罪も貧困も全て、です。

今、私たちは生き方・暮らし方を見直すべき、緊急の事態になっているのです。

どうすればいいのか
ビジネスを優先すると、私たちの幸せは破壊されます。自由競争は、富の集中を招き、世界中で数パーセントの人間が残り全ての人と同じ資産を保有するという事態が起こっています。これは、経済システムの崩壊が起こる前兆とも言われています。食ビジネスは、私たちの健康を破壊します。医療ビジネスは、私たちを病気に釘付けします。マスコミ・ビジネスや娯楽ビジネスは、私たちを無知に導いています。インフラ・ビジネスは、私たちの環境を破壊しています。
しかし、こういった事態は、企業側だけの責任で起こっているのではないのです。私たち消費者がそれを望んでいることも、大きな原因です。つまり、私たちが、生き方や暮らし方に対する考え方を変えなければ、今の世の中の問題は、増え続けるということなのです。

有機生活とは
有機生活は、上のような社会を是正するための、生き方・暮らし方の一つの提言です。競争がいろいろな問題を生んでいることは確か。これからは、どうすれば共存できるかを重点に考える必要があります。グローバル化も問題です。私たちの健康に一番影響がある「食」について、改善していく必要があります。そして、何より、私たちのエゴを抑えた生き方・暮らし方が重要になってきます。こういう生き方はスローリビングという言葉でも、提言されてきました。私たちが、健康で幸せになるための、これからの生き方・暮らし方をこのサイトやここでのプログラムを通じて、みなさんと模索していきたいと考えています。

dsc03728

有機生活を考えるうえで、基本的に知っていなければならない知識があります。それを知らなければ、なぜ、病気になるのか、なぜ貧困がなくならないのか、なぜ、人の関係が疎遠になっていくのかが、分からないからです。私たちの知っていること、みんなが知っていること、それをここでシェアして、深めましょう。それが、有機生活の第1歩。次は、実践です。そういった全体のことをここで、体感していただける場が、有機生活庵「あいむほーむ」です。

具体的な知識としては、食のこと、治療のこと、世界を支配する構図、お金のこと、農業のこと、自給自足、ホームメイドのこと、コミュニティのこと、教育のこと、精神世界のこと、などさまざまなものがあり、幅広く、バランスのとれた、正しい知識が必要となります。

有機生活庵「あいむほーむ」では、有機生活楽習宿で、若い方たちに、これらの総合的な知識を提供するとともに、ここでの生活を通じて、みんなで有機生活を考えるプログラムを実施しています。また、同じような内容を、ここに泊まりにきていただけるお客様にも提供しています。

PAGE TOP