スローワイフのよろしゅうおあがり

  1. IMG_2321

    THE 茶色

    出しを採った後の昆布にちりめんじゃこと山椒の実を佃煮に。青との炊いたんは京都の夏の味。炒め煮した後は、削り節をたっぷり入れて、みりんが切れていたので、オイスターソースをちょこっと。同じお鍋で、きくらげを佃煮にしてすりごまをたっぷり。同じく細切りにしたきくらげは、醤油とゴマ油と混ぜるだけ。これは、きゅ…

  2. 1

    気抜けおやつ

     料理はレシピ通り作ったこともなく、分量も計量器ではなくて、自分のベロ(舌)と手だからこの夏のおやつは、料理と同じく手の感触だけで遊ぶ。タルト生地には、粉半分とほぼ同量の友人のところからのヘーゼルナッツをすりおろし器でくるくると粉状にしたものを混ぜ合わせ、いつも使っている油と水で適当…

  3. dsc04783

    化学の素風味=添加物だらけ

    野菜たっぷりのスープですと言っておきながら、コンソメスープの素を足す人。野菜たっぷりの炒め物ですと言いながら、中華の素を足す人。やっぱり和食ですねといいながら、だしの素を足す人。素は、化学だらけですよ~インチキ!野菜に力がない場合、野菜だけのスープは味気ない。そんな時には、ささみ…

  4. dsc04766

    クセ好き

    外国に住んでいると、調味料の選択はできない。けれど、ココが一番大事だと思うので、少々贅沢かもしれないが、船便にて醤油は取り寄せている。一升瓶入りの熟成3年ものだ。1ヶ月かけて手元に届くので、ますます熟成度アップ。使い切るまでにさらに熟成する。どんなに無農薬で野菜と作っていようが、料理…

  5. dsc04726

    BerryはVery

    今年初めてのシローのピザへ出かける。例年なら、ピザのトッピングとなる材料は、全て畑からとなるのだけれど、例年よりも暑くなく、雨も少ないので、どこもトマトはまだ赤くなっていない。大根とシソときぬさやのサラダを作り(チアシードドレッシング)、黄色のフルーツサラダ(バナナ、生パイナップル、オレンジ…

  6. dsc04716

    かぼちゃの誤算

    かぼちゃ好きだ。特にウチのかぼちゃは、大自慢したいほど。去年収穫したものをまだ食べているが、ねっとりとして、甘味が半端じゃない。だから、微量の塩だけで煮たり、蒸したり、塩なしでオーブンで焼いたりが一番おいしい。お醤油やみりんの甘辛煮は論外。生もいい、千切りにしてバルサミコとニンニクすりお…

  7. dsc04707

    赤と黒

    色々なトマトサルサを作る。コーンを入れるとその黄色はかわいらしさが増す。でき過ぎるズッキーニも生で。バジルやパセリもたっぷり、ビタミンの宝庫。緑の豆類を合わせるとその形と色がトマトの赤に良く似合う。白い大根も紅白でめでたい味のアクセントに入れるのが、ケッパーとフェタチーズ。あとは黒胡椒を…

  8. dsc03880

    カリカリ昆布

    水の中にだし昆布を入れて冷蔵庫に常備している。とても重宝する。もうこれ以上だし出ません状態になった昆布は、野菜と一緒に煮物にしたり、佃煮にしていたが、ふきんで水分を拭いたら190度のオーブンへ入れる。すると、カリカリ昆布になる。色も黒光りして、味も濃厚だ。コレを粉にすればふりかけにな…

  9. dsc03877

    ウチの贅沢常備菜

    畑の立派なこんにゃく芋から夫が手作りこんにゃくを作ってくれたので、鷹の爪と生姜を入れて炒め煮にする。既製品のようなつるつるの表面とはちがい、手作りのものはでこぼこがあるので味がしみこみ易い。あのつるつるは今となっては、プラスチックのようで気持ち悪い。仕上げには、オイスターソースを入れる。…

  10. dsc03641

    ヨモギ三昧

    土地のあちこちにヨモギが群生している。その勢力たるもの雑草にも負けなしで、陣地を広げている。雑草とちがうのは、ヨモギは人間の味方であるということ。畑や植物への液肥にも良し、お茶、お風呂、そしてヨモギ餅で一気に好感度が増す。沖縄の黒糖を入れて小豆を炊く。和三盆より、黒糖の方が力強いヨモギには合うよ…

Archives

最近の記事

  1. IMG_1779
  2. IMG_2321
  3. 1
  4. DSC05123
  5. DSC05113
PAGE TOP