洋なしは要あり!

12シローの庭から大量のフィジョアをいただく。生食以外は、砂糖を入れるのは嫌だから、と思っていたら。アーラが教えてくれた。ペアーの甘みを借りること。

なしではなくて、洋なし。これは、すごい助っ人。ココナッツシュガーであろうが、黒糖であろうが、砂糖は砂糖。洋なしを、干せばその甘みたるものリンゴもアプリコットも比ではなし。ベーガンやベジタリアンは、砂糖の代わりに、デイツを入れる人が多いが、ニュージーランドでもあれは輸入物。アーラは、ヘーゼルナッツを粉にしたものを生地に混ぜ込んでバスケットを作り、タルト風に。美味!!

私は、クランブルにしようかと思ったけれど、そのままシリアルやヨーグルトと合わせてもらう手抜きを選択。
洋なしだけを煮詰めてシロップにすると、この甘さはたまらないほど。果糖もとりすぎ注意だけれど、砂糖よりは断然よろしいと思います。

関連記事

  1. お金のこと
  2. 花粉賞
  3. 化学の素風味=添加物だらけ
  4. サステナビリティ
  5. 台所の神様
  6. 第1回有機生活楽習宿実施中
  7. 昭和からの遺言
  8. カリカリ昆布
PAGE TOP