洋なしは要あり!

12シローの庭から大量のフィジョアをいただく。生食以外は、砂糖を入れるのは嫌だから、と思っていたら。アーラが教えてくれた。ペアーの甘みを借りること。

なしではなくて、洋なし。これは、すごい助っ人。ココナッツシュガーであろうが、黒糖であろうが、砂糖は砂糖。洋なしを、干せばその甘みたるものリンゴもアプリコットも比ではなし。ベーガンやベジタリアンは、砂糖の代わりに、デイツを入れる人が多いが、ニュージーランドでもあれは輸入物。アーラは、ヘーゼルナッツを粉にしたものを生地に混ぜ込んでバスケットを作り、タルト風に。美味!!

私は、クランブルにしようかと思ったけれど、そのままシリアルやヨーグルトと合わせてもらう手抜きを選択。
洋なしだけを煮詰めてシロップにすると、この甘さはたまらないほど。果糖もとりすぎ注意だけれど、砂糖よりは断然よろしいと思います。

関連記事

  1. BerryはVery
  2. クセ好き
  3. ウチの贅沢常備菜
  4. ハズレも当りに
  5. wwooferごはん
  6. 暖炉と本と水で始まる寒朝
  7. あいむほーむのごはん
  8. 2文字の魅力的な女性から
PAGE TOP